在宅介護支援

 

在宅支援センターなかやま幸梅園

在宅支援センターなかやま幸梅園
 
特別養護老人ホームなかやま幸梅園
 

在宅介護支援とは

在宅介護支援とは
 
中山地域の高齢者やその家族などに対し、介護や医療などの相談支援を行い、必要に応じて保健・医療・福祉サービスが円滑に受けられるよう、各関係機関と連携調整し、在宅での生活が継続できるよう支援を行うと共に、介護予防啓発事業を行う。
 

事業詳細

事業詳細
  地域ケア会議 保健・医療・福祉・行政関係者が集まり、中山地域における要援護者の抱える諸問題解決に向けた情報交換等を行う場として月に一度開催する。また、地域包括ケアシステムの構築に向けて行政・関係機関と連携を取りながら地域ケア会議の在り方について検討して行く。
  転倒骨折予防事業 理学療法士と地区や集会に出向き「足腰を丈夫にする会」を開催し、勉強会や体操を通して、転倒や骨折の予防に関しての認識を深め、自身を取り巻く環境や身体について関心が持てるように働きかける。また、相談助言を行う。
  認知症予防事業(菩提樹の会) 中山地域の高齢者を対象に、地区や集会に出向き専門家などによる認知症の勉強会や相談助言を行い、認知症の理解や予防活動に結びつけられるよう啓発事業を行う。
  家族介護教室 家族介護者や福祉関係者などへ介護に関する知識や技術の習得を目的とした勉強会を開催する。また介護者の気分転換や親睦、職員との情報交換の場として、研修旅行などを行う。
  認知症相談事業 中山地域の住民に対して、愛媛大学付属病院の認知症専門医が認知症に関する 相談、助言、診察などを行う。また、地域住民や福祉関係者を対象に認知症への理解に向けた啓発活動を行い、中山健康調査において何らかの支援が必要と思われる方についての支援を検討していく。
  中山老人憩いの家(伊予市施設管理委託事業) 中山地域の高齢者または要援護高齢者の集会や憩いの場として施設を提供し高齢者間の交流を促進する。
  中山老人憩いの家自主事業
「がんばる会」
中山老人憩いの家において、中山地区の高齢者または要援護高齢者の外出する機会を作り、レクリエーション活動などを通して交流や趣味を見つけ、閉じこもりなど社会的孤立や心身機能低下などの予防に努める。また、認知症や転倒予防、口腔ケアなどの啓発活動を行い、介護予防に繋げる。
  通所型介護予防事業 健康診断などで機能低下が認められた高齢者の方を対象に、週一回程度中山老人憩いの家において身体機能向上訓練や口腔ケア機能向上訓練を行い、要介護や要支援状態にならないよう支援する。
  伊予市高齢者共同住居
(伊予市施設管理委託事業)
入居者の生活支援と安全の確保に取り組む。
  高齢者安否確認見守り事業 独居や高齢者夫婦、日中独居状態の高齢者を対象に、安否確認と栄養確保を目的とした配食サービスを実施すると共に、訪問時の急変に対しては迅速な対応を行う。
  高齢者相談支援事業 閉じこもりなどにより、介護予防支援が必要な高齢者を早期に把握し各関係機関と連絡調整を行い、適切なサービスに結び付けることで要支援・要介護状態にならないように、また状態悪化時に対応できるよう継続的な支援を行う。
  相談窓口(ブランチ)設置事業 伊予市地域包括支援センターの窓口機関設置委託を受け、中山地域において、高齢者の介護予防や生活支援事業に取り組み、地域における総合相談を行う。
 

相談窓口

相談窓口
  ご相談窓口 電話番号:089-967-0300  なかやま幸梅園内
<<社会福祉法人中山梅寿会>> 〒791-3206 愛媛県伊予市中山町中山寅381番地 TEL:089-967-1605 FAX:089-967-0940